【2019年】SEOで集客できない??これからのサロン経営を考える。

サロン経営について
スポンサードリンク

 

どうも、池袋で理容師やってる三浦正弘@masa12m3d)です。

当ブログBARBER MIURAへのご訪問ありがとうございます!

髪の毛に関することや理容の世界のあれこれ、三浦的ライフハック術などなど

気ままに情報発信してます!

 

▶︎三浦正弘って何者!?って方はこちら

▶︎三浦正弘に髪切ってもらいたいって方はこちら(ネット予約ページへ)

 

この記事面白い!役に立った!と思っていただけると嬉しいです♪

さらに、シェアブックマークをしてもらえるともっともっと嬉しくなります♪執筆にも気合が入ります!!

よろしくお願いします(^.^)

 

 

理美容のサロンを経営する中で売上の伸び悩みや集客がうまくできないと感じていませんか?

 

この記事ではこれからのサロン経営のヒントとなるアイデアを書いてます。

 

なぜそのようなことを書けるのか?

それは、僕が今の理容業界の現状に違和感を感じ

独自にサロン経営のほか、さまざまな分野のトレンドを学んできたからです。

 

この記事を読んでもらうと、サロン経営での新しい気づきが見つかり

新しい戦略が浮かんでくるかもしれません。

 

経営者でなくとも、個人として成績が伸び悩んでる人にもいいヒントになります。

 

この記事の内容

・なぜ集客ができないのか?
・これからのサロン経営とは

 

なぜ集客ができないのか?

サロン経営の変化

理美容室のサロン経営は時代とともに変化しています。

これはヘアスタイルが時代とともに変化していくのと同じですね。

 

みなさんはその変化がどういうものか知ってますか?

 

今から30年前くらいの理美容業界は「技術」を売りにしている店舗が多かった時代です。

「〇〇チャンピオンのお店!」

「カリスマ美容師の店!」

という謳い文句を聞いたことありませんか?

 

店を開けてればお客さんがどんどん来る時代ですね。

インターネットもなかったので、調べることはなく話題性のあるお店にお客様が集まってきたわけです。

 

その後インターネットが普及し始めると

ホットペッパーなどのサイトが出てきて、登録したサロンはそこを経由してドンドン新規のお客様を獲得する時代となってきます。

 

しかし、そのようなサイトも今は登録しているサロンが飽和状態となって高額な料金コースでないと上位表示が難しくなってきてます。

 

あとは1000円カットなどの格安店の出現ですね。

安い料金を設定することでお客様を獲得する。

 

けど、それの戦略はどうでしょうか???

 

これからの時代どのような戦略が必要になってくるんでしょうか?

 

量より質の時代

僕がサロンワーク中にお客様から良く聞く声なんですが

「そろそろちゃんとしたところで髪を切ろうと思った」

けっこう驚きの言葉ですけど、よく聞くんです。

 

つまり、今まで「安けりゃいい」と思ってたけど

しっかりとした料金のお店で髪を切って「ちゃんとしたい」

って思う人が増えてきてるってことなんです。

 

これは小耳に挟んだ話ですけど

1000円カットで有名な〇Bハウスは業績が落ちているとか・・・

 

ブログ界も質より量が重視される時代

ここでブログ界の話をします。

 

ブログで飯を食べてる人たちいわゆる「ブロガー」と言われる人が

最近ブログで稼ぎにくくなっている、と漏らしてるんです。

 

ブロガーの髪イケハヤさんが最近「ブロガーやめます」宣言してザワつきましたね。

 

しかし、ここでブログを諦めるのはまだ早いとも言われます。

 

大切なのは《ブログの質》

 

今までは文字数だったり

毎日更新が必須

 

というのが定説だったわけですが

これからは《テーマにあった質の高いコンテンツ》が評価される

と言われてます。

 

つまり『量より質』というわけです。

 

あれ?サロン経営と似てますね!

 

これからのサロン戦略とは

強みを高めるサロン経営

質の高いサロン経営とはなんでしょうか?

 

例えば

「10代から50代まで老若男女カットします」

「カットに自信あり」

 

割とよく聞くキャッチコピーだと思います。

 

そう《よく聞く》ってことはもう飽和しちゃってるんです。

 

もっと自分のお店の《強み》を出す必要があります。

テーマ性ですね。

 

先ほどの例から見てみると

「10代から50代まで老若男女カットします」

→「30代キャリアアップを目指すビジネスヘアを提供!」

 

「カットに自信あり」

→「2ヶ月たってもセットしやすいカットが得意」

 

このように強みを活かしテーマ性を絞ることで

お店の質を高めつつ、よりコアなお客様を獲得できます。

 

SNSを駆使した集客

集客は今までホームページや集客サイトがメインだと思いますが

これからはSNSも活用していくべきです。

 

先程ブログのSEOが難しくなるという話をしましたが、その際もSNSを利用することで自分のサイトに流入経路を作っておきます。

 

SNSを活用していくことでSEOという経路以外の流入経路を作れます。

 

もともとSNSでやり取りしていたのであれば、お客様として来店された時に

割とハードル低く接することができますね。

 

フリーランス急増!これからは個人もしっかりブランディング

2018年を振り返るとフリーランス美容師というポジションがより確立したかな〜

と思います。

 

美容業界以外でもフリーランスが増えましたね。

 

そこから感じるのは、フリーランスでもしっかり稼げるという事。

つまり個人の魅力にお客様がついていく、集客できるって事ですね。

 

今までは「有名な〇〇サロンの△△さんだから」だったのが

「△△さんだから」になってきてる。

 

だからといってフリーランスになれ!

という事ではなく、サロンに勤めていたとしても

 

その中で《個性を活かしブランディングする》というのがとても大事になっていくんです!

サロンの中で自分の個性なく教えられたままカットしていては

いつまでたっても「〇〇サロンの人」という印象しか残りません。

 

サロンでの売上も上がらず、指名客も付くことなく

ましてや、独立した時に集客で苦労してしまいます。

 

まとめ

現代の集客の問題点

・時代の変化とともにサロンの経営の変化に対応できてない

・量や安さよりも質が求められる

・SEOの世界でも同じことが起こっている

これからのサロン経営とは

・お店の強みや個性を活かす経営が必要

・SNSを経営に取り入れていく

・個人個人のブランディングも大切

 

現代のサロン経営で伸び悩んでいる人や

今後独立を考えている人が考えることは

ヘアスタイルのトレンドを追うのと同じで

 

現代の経営とはなんなのか?

他業界でのトレンドはなんなのか?

 

この辺りを調べてみるとヒントが出てきます。

 

調べるのが面倒であれば

まずはこの記事に書いてあることを実践してみてください。

 

スポンサードリンク

コメント