忙しい朝の時間を5分短縮!寝癖直しに効果的な対処法とは?

 

スポンサードリンク

 

どうも、池袋で理容師やってる三浦正弘@masa12m3d)です。

当ブログBARBER MIURAへのご訪問ありがとうございます!

 

▶︎三浦正弘って何者!?って方はこちら

▶︎三浦正弘に髪切ってもらいたいって方はこちら(ネット予約ページへ)

 

この記事面白い!役に立った!と思っていただけると嬉しいです♪

さらに、シェアブックマークをしてもらえるともっともっと嬉しくなります♪執筆にも気合が入ります!!

よろしくお願いします(^.^)

 

みなさんは毎日寝癖に悩まされてますか?

朝の少ない時間に髪の毛をセットするだけでなく、その前に寝癖を直さないといけない・・・結構面倒ですよね。

 

寝癖というのは寝ていれば必ず起こります。

それにはちゃんとした理由があります!!

今回の記事では寝癖はなぜ起こるのか?様々な寝癖の直し方についてプロ目線から解説していきます!

 

まさひろ
今日から寝癖知らずの朝がおくれますよ♪

 

寝癖はなぜ直りにくいのか

まずは寝癖のメカニズムについてご説明します。

メカニズムなんて難しい言葉を使ってますが、そんな難しいことはありません!

 

寝癖が起こる時に関係してくるのは、髪の毛の水分量です。

髪の毛は水分が減ってくると硬くなる性質があります。

これについてはドライヤーの使い方の記事でも書いてます。
 
関連記事:イオンって効果ある!?プロが教えるドライヤーを使うときに知っておくべき6つの事。
 
しっかりドライヤーで乾かしていても、寝る時に枕やシーツなどの布類に擦れることで、髪の水分が奪われてしまいます。

まさひろ
同じ乾いた状態でもドライヤーの後と朝とでは髪の硬さは全然違います。

 

このように髪の毛はどんどん硬くなっていき。

朝起きた頃にはビックリするような寝癖の状態で形付けられてしまうんです。

綺麗に寝ていれば問題はないかもしれんが、そうそう上手くはいきませんね。

 

寝癖がつかないようにするには保湿が大事

直し方の前に、そもそも寝癖がつかなければいい訳です。

”綺麗に寝る“のも方法の1つですが、大切なのは髪の毛の水分が奪われないようにすることです。

 

髪の水分量を保つには、まずトリートメント!

トリートメントは髪の内部に浸透して栄養成分や水分を補ってくれます。さらに表面コーティングしてくれる物もあるので髪を守ってくれます。

 

お風呂上がりにはアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を髪になじませてから乾かしましょう。

この際ブラッシングなどをしてキューティクルを整えるのも大事です。

まさひろ
髪の長い方は束ねて寝るのも効果を発揮します!

このひと工夫だけでも寝癖のつき方が劇的に変わります。

 

最近サクセスからこんなシャンプーが出てますね!

着目点はとてもよく、使ってはいないですが寝癖がつきにくいかもしれません。

寝癖直しのポイントは毛の根元!

寝癖を直すには髪の毛に水分を戻してあげるのが最も効果的なんですが、寝癖って頭の(髪の)どの部分が1番ひどいか分かりますか?

これが分かっていないといくら寝癖直しをしても全然直りません!!!

 

寝癖直しで重要なのは「根元」です。

 

寝癖って特に後頭部にあると思うんですが、

鏡を見て「あ、跳ねてる」と思い表面に水をペチャペチャっと付けるだけの人!いませんか??

 

それだと寝癖は絶対直りません。

 

表面的な寝癖もなくはないですが、大半の寝癖が根元の頭皮に近いところの髪の毛が押しつぶされて、良からぬ方向へ向いてしまっています。

変なところで分かれていたり、跳ねてしまうのはこの根元の寝癖が原因です。

 

なので表面に見えている毛先ではなく、頭皮のどの位置から癖がいているのかを見極めましょう。

見つけたら頭皮を濡らすように水をペチャペチャ付けます。

 

プロが教える寝癖の直し方

それではここから、僕がオススメする寝癖の直し方をご紹介していきます。

寝癖直しのコツは、如何に髪の毛に水分を染み込ませるかが重要となってきます。

朝シャンをする

オススメ度 ★★★★

朝シャン派の人なら文句なしでこの方法が1番だと思います。

乾燥しきった髪の毛をリセットするにはシャンプーをするのが1番効果的です。シャンプーをすることでキューティクルが一度開き、髪内部へと水分が浸透していきます。

ただ朝シャンの賛否については色々な意見があるので完璧とは言えません。

 

濡れタオルをレンチンする

オススメ度 ★★★★★

結構オススメなのがこちらの方法。

サロンワークでも似たような方法で癖をとります。

乾燥しきった髪の毛は水だけだとイマイチ水分を吸収しません。そこに熱が加わることで髪に水分が行き渡り、簡単に癖が直ります。

やり方

①タオルを濡らして軽く絞る。

絞り加減は軽く絞って、水がボタボタ垂れて来なければOK。

絞りすぎは良くありません。

 

②ラップで包んでレンジで加熱

軽くラップで包みます。

そのままレンジでチンです。

加熱の目安は30秒〜1分です。

 

③髪全体を程よく濡らす

霧吹きでもなんでも結構です。

特に寝癖のある根元付近はしっかり濡らします。

 

④タオルが冷めないうちに頭を包み込む

チンしたてはメチャクチャ熱いと思うので少し冷ましますが、冷めすぎないうちに濡らした頭を包み込んで少し時間を置きます。

髪の毛あるんで多少暑くてもジンワリ感じる程度です。

部分的で大丈夫なら、包み込まず寝癖の部分にタオルを押し当てます。

寝癖が強いところは少しゴシゴシすると効果的です。

 

これで簡単に寝癖が直ります。

是非お試しあれ!

 

お湯で濡らす

オススメ度 ★★★

究極に時間がない時はこれ。

上の2つに比べると癖は取りにくいですが、ポイントは水ではなくお湯を使うところです。

髪の毛は水よりもお湯の方が水分を吸収しやすいので、お湯をお勧めします!

より浸透を促すためにお湯をつけるときに揉み込んだり、軽く叩くのも効果的です。

 

まとめ

髪型というのは決まっているかいないかでかなりその日のモチベーションに影響がありますよね。

 

寝癖なんか論外です。

 

僕からのお願いは、今回紹介している方法は比較的簡単なものばかりです。

でも10秒で直るものでもありません。

朝最低5分は時間を作ってみてください!

 

1日の始まりは髪型バッチリ決めていきたいですよね!!

 

 

Salon Info

ワンランク上の大人の贅沢
Luxury BARBER Kaming
豊島区池袋2-65-17 小川ビル1階
03-6913-9613 Web予約はこちら

 
 

スポンサードリンク

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL