【剛毛の方必読!】カットで作る束感カットとナチュラルツーブロック

ヘアデザイン

どうも、池袋で理容師やってる三浦正弘(@masa12m3d)です!

>>>三浦正弘のプロフィールはこちら

>>>三浦正弘のネット予約はこちら

今年の夏は殺人的な暑さですね〜

もう朝から晩まで涼しい時が1秒もなくてやばい!!

毎日ソルティライチ買って飲んでます。

さて、猛暑が続くと髪の毛も厚ぼったいのはイヤですよね!

短く切ってサッパリしたい・・・そう思わざるを得ないのが今年の夏!!!特に、髪の毛が「多く」「硬く」「くせ毛」なんて人は特に辛いと思います。

セットなんてやってられるか!・・・ですよね。

でも、そんな悩みもカットだけで解決出来ちゃいます。

剛毛の方必見!セット楽チン束感ツーブロックスタイル

今回のモデルさん。

切る前の状態からかなりの難敵。

見事なまでの「多毛」「硬毛」「縮毛」・・・いわゆる【剛毛】ってやつです。

しかも切ってから相当経ってるのか、前回のカットが重たく残ってるのか、かなりボリューミー。収まるどころかどうにもならない状態です。

(僕はこの手の剛毛が大好物なのでこの時点でどう調理してやろうかとテンション高めです)

モデルさんからはサッパリしたいとの要望で、その他基本おまかせコース。

ということで

    ・自然なツーブロック
    ・日々のセットがしやすいように質感作り
    ・毛量ダイエット
    ・前髪は下ろす

ってな感じで切っていきます。

ベースカット

ツーブロック部分は自然な質感を残すのでセニングシザーで刈り上げます。頭の形を見ながらシルエットと色彩の濃淡を合わせていきます。

ミドルゾーンから少しグラデーションで重みを残しつつ、フロントには束感が表現しやすいようにレイヤーを入れます。

展開図を重ねるとこんな感じ。

毛量調整と質感調整

ベースカットはサクッと終わらせて、メインディッシュの毛量と質感を作っていきます。

主に1本のセニングシザーを使いますが、ハサミの入れ方で様々な質感を出していきます。

とはいえ、毛量がとても多いので適切な毛量になるまで削ぎ落とします。

その後にボリュームを出しやすくしたり、毛束を左右に動きやすくしたりとセニングシザーで作っていきます。

最後にスライドカットで毛束感を強調していきます。

ここまで使ったハサミは2本だけ!

上の写真が質感調整後にドライヤーで乾かした状態。

※何も整髪料はつけてません。

カットで毛束ができるように切ってるのでドライヤーだけでこれだけの質感が出来ます。毛の立体感とか毛束のまとまり感を感じてもらえればと思います。

乾かすだけなので、自宅での再現も簡単です!

仕上がり

よりまとまり感が出るように仕上げていきます。

整髪料はクリームタイプのワックスを使います。少し艶があったほうがよろしいかと。

もともとくせ毛なので髪の毛は乾燥しがち、するとパサついてしまうのでワックスは少し多めに取って髪の毛に揉み込んでいくといい感じです。

毛束にツヤ感が出ました!!

ドライヤーでほぼ仕上がってはいましたが、ワックスをつけることで繊細な毛束感が表現できました!

ツーブロック部分もナチュラルな仕上がりです。

短すぎずスッキリしているけど、上の毛束とのコントラストが絶妙なバランスを生み出してます。後頭部の半分から下が締まることで綺麗な頭のシルエットになってます。

劇的!ビフォーアフター

いかがでしょうか!!!?

切る前のボリューム感は何処へやら・・・頭がコンパクトになりました。

パサつきまとまりのない毛先も綺麗な毛束で見事にまとまっています。

写真だけではこのくらいに違いしかわかりませんが、モデルさんの日々のシャンプーやセットのやりやすさも劇的に変化しているはずです。

「多毛」「硬毛」「癖毛」でも、カット技術でここまで出来ます!

もちろんパーマやカラーもオススメです!

Salon Info

ワンランク上の大人の贅沢
Luxury BARBER Kaming
豊島区池袋2-65-17 小川ビル1階
03-6913-9613 Web予約はこちら

スポンサードリンク

コメント