【髪ingでできること】今年のテストもあと2回!

サロンワーク

どうも、あと2週間ほどで29歳

池袋の理容師三浦正弘(@masa12m3d)です。

10年後はあと2週間ほどで39歳・・・とかブログ書いてんのかな~

度々書いてる髪ingのこと

この前OBが集まっていろいろ情報交換するOB会に参加させてもらって
髪ingで育ち巣立っていったかつての先輩たちを見て感慨深いというか、もっと頑張らないと!としみじみ感じた。

もっともっと髪ingを知ってもらうことも僕の仕事だと思うのでブログにももっと書いていこうと思う。

ご存知の方も多いと思いますが
髪ingでは月に1度技術認定試験があります。
このテストをクリアすることでお客様に出来る仕事が増えるって訳です!

カリキュラムは4年かけてすべての技術が取得できる。

進み方は人それぞれ。

マイペースにこなす人もいれば、1番で終わらせると意気込む人もいます。

でも、どのスタッフでも共通してるのは

このテストにのぞむ気持ち!

月に1度ですから落ちればまた来月。

ちょっとのミスが原因になることもある。

 

厳しい世界

 

でも、受ける人間はそれを承知している。

そのための1か月だし

その日に向けてモデルなど準備も怠れない。

お店も早上がりする

お客様にも迷惑がかかる

色んな思いでこの月に1度の技術テストを受けるんです。

そして、もっとプレッシャーとなるのが

”みんなに見られる”

審査をするマネージャーや店長さんはもちろんのこと

この日は全店舗からスタッフみんな集合する。
(月に何度かスタッフ全員集まる会社って珍しいってよく言われます)

先輩・・・後輩・・・同期

みんなの視線が集まります。

心臓バクバクですよw(僕もよく手が震えてた)

そんなプレッシャーの中で120%のパフォーマンスを行う

 

事なんてできない

 

そうなんです。

そこがまた難しい。

でもね

でもね

いざお客様をやろうとすると

もっと緊張すんのよ!!

だからこのプレッシャーもテストなんだよね。

あと、このテストの場はスタッフ全員学びの場

技術の共有は会社を強くするね!

 

来月は2017年最後のテストだから気合入るかな~???

 

スポンサードリンク
サロンワーク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
masaをフォローする
ToKoDesign|副業 フリーランスのデザイン屋

コメント