ホットペッパーのCMに阿部寛さんが出始めて「あ〜ついにこの時が来たか」と感じた


どうも、池袋でネット予約推奨理容師やってます三浦正弘(masa12m3d)です。

最近お店の看板がプチリニューアルしました〜!今までは“Luxury Hair Salon Kaming”でした、ちょこっと変わってこれからは“Luxury BARBER Kaming”ですのでよろしくお願いします💈

>>Luxury BARBER KamingでWeb予約

ホットペッパーのCM

最近、理美容業界では知らない人はいないホットペッパービューティのCMに俳優の阿部寛さんが出てるの知ってますか?もうご覧になりましたか?あの「テルマエロマエ」の、あの「結婚できない男」の、あの「Trick」の上田役でお馴染みの阿部寛さんです!

まだ見たことない!という方はまずこちらをご覧ください。

はい、ということで内容としては電話予約する阿部さん。だけど埋まっててなかなか予約が取れない・・・そこに広瀬アリスさんが来て少し小馬鹿しつつネット予約の方が便利ですよ!ってことを伝えてます。

ホットペッパービューティといえば過去数々の女優さんが出演してましたが今回はなんと男性を起用!はじめてこのCMを見た時は驚きました。

おじさん世代よ!これからはネットだぞ

阿部寛さんは今年54歳、世間一般的に見ればおじさんと言われる世代ですね。その阿部さんを起用するということは、男性ミドル世代のホットペッパーの利用率が少ないのかな?ってまず思いました。

ホットペッパーは理美容サロンの紹介サイトとしては最大手です。美容師ブロガーの皆さんが1度はネタにするくらい理美容界に浸透しています。色々言われてはいますが、ホットペッパーつまりリクルートの理美容マーケティングは非常に強力な集客ツールと言えます。そのホットペッパーがこのようなCMを出したということは、ホットペッパーと比較的疎遠な理容業界はより危機感を感じないといけないかもですね。

理容室=飛込み

なぜ危機感を感じるのか。

うちのサロンでもたまにいるんですが「今からできる?」って来る方がいるということです。ネット予約の話をしてますが、理容室だとネットどころか電話予約すら出来ないところもあります。空いてればすぐ出来る、空いていなければ待つ。少なからずこのようなお客様がいます。でも、そのお客様がネット予約に移ってしまったら・・・意外と安心できませんね。

ネットに不慣れ

昨年11月から僕のお店でもネット予約が始まり、既存のお客様に勧めてはいるんですが・・・中にはやり方がわからなかったり、お店見て空いてたら来るよ!という方もいます。もちろんお客様全員をネット予約に移行する訳ではないので問題はないのですが、まだまだネット予約の便利さより始める面倒くささが先行しているように感じます。

ネット世代もじきに大人になる

しかし、30代以下の世代はその逆で常にスマートフォンをチェックし、どんな情報もスマートフォンから得ます。もちろん生まれた時からiPhoneがある子供達もたくさんいます。2020年には小学校でプログラミングを必修科目にするそうです。いずれはこの子供達も大人になりますね、その頃には“電話予約”って言葉がなくなってるかもしれません!

ネット予約のメリット・デメリット

ネット予約のシステムはホットペッパーを始め色々あります。自社で作ってるところもあるみたいですが、ほとんどが予約システムを提供する会社と提携してます。僕もネット予約を導入して4ヶ月ほどなのですがそのメリットデメリットをいくつか実感してますので紹介していこうと思います。

ネット予約のメリット

電話のかけ損が減る

よくお客様から「電話したら繋がらなかったけど休みだったんだね。」と言われることがあります。自分たちが思う以上にお客様は定休日を把握してなかったりします。ネット予約であれば定休日や空き状況が一目でわかるので無駄な電話をしなくてすみます。

電話のできない状況で予約できる

電話をいただくとたまに電話の奥から電車のベルの音がしたりして(もしや、急ぎかな?)なんて感じる時があります。もちろんお客様も時間のない中電車に乗る前に隙を見つけて電話してくれてるのだと思いますのでなるべく早い対応を心がけてます。ネット予約はホームページまたは専用アプリからの予約になるので電話のできない状況でも気軽に予約ができます。

営業時間外、定休日に関係なく予約できる

これも上2つと似てますが、営業時間外や定休日などお店に人がいなくなると電話に出ることができません、そんな時はもちろんネット予約です!

ネット予約のデメリット

結構埋まってる

予約が埋まるというのはとてもありがたいことなんですが、一方で当日お越しいただいたお客様をたくさんお断りすることになってしまいます。なんとも言えない心苦しさがありますね。

メニューの食い違い

ネット予約の際にメニューを選択して頂いてるのですが、理美容室のメニューってけっこう細かくなってます。わかりやすいようにネット予約用メニューを作ってはいるんですがお客様自身“いつものメニューがどれなのか?”または”あれをしてみたいけどどれだろう?“という疑問が起こります。予約したメニューとやりたいメニューが食い違って当日トラブルにもなりかねません。うまい対応を考えないといけませんね。

柔軟に対応できない

先ほど少し触れましたが、理容室は飛込み客が多かったりカットコースでも45分〜60分で終わります。すると5分、10分と空き時間が発生するんですがその隙間時間に予約を入れられないのがネット予約の弱さです。5分だけでしょ!?と思うかもしれませんが10時間営業してれば1人分くらいの時間を確保できたりします。

これからはネットの時代サロン側も顧客側も柔軟に対応していく必要がある

スマートフォンがここ10年で飛躍的に普及しました。お掃除ロボットやドローン、無人レジなど誰も予測してなかった事ができる世の中になる。これはまぎれもない事実。ネット予約はそこまで大きな事柄ではないけれど(飲食店は当たり前)いずれは町の理容室でもネット予約が導入されると思います。というか生き残るためには導入せざるを得ないはず!

僕はネット予約推奨派なのでもっと理容業界にも広まってほしいなと思います!

>>Luxury BARBER Kamingでネット予約する。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL